東京大学オープンキャンパス2017農学部コース「生きものと生きものが生みだす科学の最先端をお見せします!」

日時: 2017年8月2日(水)、3日(木)

場所: 弥生講堂(一条ホール/アネックス)

2018年8月1日(水)、2日(木)に開催されるオープンキャンパスでは、「模擬授業」、「講演」、「研究室見学・図書館見学等」、「学生による何でも相談コーナー」の企画で農学部の教育・研究の一端をわかりやすく紹介します。皆様のご来場をお待ちしています!



 



参加方法

  • 8月1日(水)模擬授業、8月2日(木)講演【事前申込不要】
    模擬授業、講演については当日先着順となっていますので、受付時間に弥生講堂・一条ホールへお越しください。
  • 8月2日(木)研究室見学【事前申込をした方のみ】
    研究室見学(全4企画、午前・午後の2回実施)については事前申込制となっていますので、申込された方は、受付時間に弥生講堂・一条ホールへお越しください。※見学前に弥生講堂・一条ホールにて行われる「農学部概要説明(15分程度)」のみ、事前申込不要で参加が可能です。
  • 8月1日(水)、8月2日(木)学生によるなんでも相談コーナー【事前申込不要】
    相談コーナー開設時間に弥生講堂アネックスへお越しください。※相談コーナー開設時間以外は、休憩コーナーとして開放していますので、是非ご利用ください。
  • 高校生のための東京大学オープンキャンパス2018のページはこちらからご覧ください。
    オープンキャンパスへの参加登録や研究室見学の事前申込は、上記ページで行います。

    企画紹介

    8月1日(水)模擬授業

    9:45〜10:15 受付
    弥生講堂・一条ホールへお越しください。
    10:15〜10:30 概要説明
    10:30〜11:10 模擬授業@「森と地球」
    定員278名
    環境の悪化が森を壊すのは想像しやすいと思いますが、伐採のような森の大きな変化が地球規模の環境を変えることは想像できますか?この授業では、実際に森に入ったり宇宙から見たりする調査、そのデータを使ったコンピュータシミュレーション、などの紹介を 通して、森と地球の関係を探る旅に出ます。
    11:15〜11:30 受付
    弥生講堂・一条ホールへお越しください。
    11:30〜11:45 概要説明
    11:45〜12:25 模擬授業A 「農学のための放射線入門」
    定員278名
    美味しくて病気にも強い梨、衛生的な注射器、縄文土器の年代測定。これらに共通するキーワドは放射線です。この模擬講義では、放射線の性質とその利用について解説した上で、農学分野での利用例として、養分元素が植物中ダイナミックに動く様子をお見せします。
    13:30〜14:00 受付
    弥生講堂・一条ホールへお越しください。
    14:00〜14:15 概要説明
    14:15〜14:55 模擬授業B 「微生物の世界〜農学基礎科目「基礎微生物学」のイントロより〜」
    定員278名
    「微生物」と聞くと、多くの人は病原菌など厄介者を想像するのではないでしょうか。でも、実際は人類の役に立っている微生物がたくさんいます。農学部では主としてこのような視点から微生物学を学びます。農部の人気講義(?)「基礎微生物学」のイントロをアレンジして微生物の世界を紹介します。
    15:00〜15:15 受付
    弥生講堂・一条ホールへお越しください。
    15:15〜15:30 概要説明
    15:30〜16:10 模擬授業C 「収穫後農産物の生理学 」
    定員278名
    農産物の生理状態は収穫前後、劇的に変化する。さらに農産物は畜産物、水産物といった他の生鮮物とは異なり、収穫後も生き続けるという特徴を有し、鮮度保持が困難である一因となっている。本授業では、 高品質な農産物を消費者に届けるため、様々に工夫された前処理および貯蔵法について概説する。

    8月2日(木)研究室見学、講演

    【研究室見学は 、当日受付時間内に手続きができない場合「辞退扱い」となりますのでご注意ください】

    9:45〜
    10:15
    受付
    弥生講堂・一条ホールへお越しください。
    10:15〜10:30 概要説明
    10:45〜11:25 研究室見学@ 「もっと 動物を助けるために 」
    定員20名
    動物医療センターは一般の病院から紹介を受けて診療する二次診療動物病院で、専門化した獣医療の提供に努めている。 その診療の実際を見学する。
    研究室見学A 「農学部の地下に海がある!」
    定員20名
    農学部の地下にあるミニ水族館には、ウナギやトラフグなどの魚が元気に泳いでいます。魚の好きな人は必見です!
    研究室見学B 「ミクロの世界をのぞく」
    定員25名
    走査型電子顕微鏡による生物試料の観察と操作を体験し、同時に電子顕微鏡に関する講義を受講します。
    研究室見学C 「バイオ実習室をのぞいてみよう」
    定員20名
    光合成細菌等の微生物培養の観察と酵素活性の検出を行う。また、普段研究室で行われている DNA 操作の体験と、出芽酵母オートファジーの観察を行う。
    10:45〜11:15 受付
    弥生講堂・一条ホールへお越しください。
    11:15〜12:15 講演 「リケジョの生きる道by農学部」
    定員278名
    先輩リケジョである農学部の女性教員やOG及び現役の女子学生が、実社会や研究分野で活躍する様子だけでなく、実生活も紹介することで、理系志望のリケジョの具体的な将来像を描く。講演後には全体的な質問を受ける。
    13:45〜14:15 受付
    弥生講堂・一条ホールへお越しください。
    14:15〜14:30 概要説明
    14:45〜15:25 研究室見学@ 「もっと 動物を助けるために 」
    定員20名
    動物医療センターは一般の病院から紹介を受けて診療する二次診療動物病院で、専門化した獣医療の提供に努めている。 その診療の実際を見学する。
    研究室見学A 「農学部の地下に海がある!」
    定員20名
    農学部の地下にあるミニ水族館には、ウナギやトラフグなどの魚が元気に泳いでいます。魚の好きな人は必見です!
    研究室見学B 「ミクロの世界をのぞく」
    定員25名
    走査型電子顕微鏡による生物試料の観察と操作を体験し、同時に電子顕微鏡に関する講義を受講します。
    研究室見学C 「バイオ実習室をのぞいてみよう」
    定員20名
    光合成細菌等の微生物培養の観察と酵素活性の検出を行う。また、普段研究室で行われている DNA 操作の体験と、出芽酵母オートファジーの観察を行う。

     

    8月1日(水)、2日(木)学生によるなんでも相談コーナー、展示企画

    8月1日(水)、2日(木)
    13:00〜15:30
    受付
    弥生講堂アネックスへお越しください。
    相談・質問 「学生によるなんでも相談コーナー」
    農学部/農学系生命科学研究科の学生が高校生と保護者の質問や相談に応じます。
    また、相談コーナー開設時間以外は、休憩所としても開放していますので、是非お越しください。
    8月2日(木)
    12:15〜13:15
    受付
    弥生講堂・一条ホールへお越しください。
    ※講演終了後開始となります。
    相談・質問 「リケジョの生きる道by農学部による相談コーナー」
    農学部の女性教員やOG及び現役の女子学生が、理系を目指す女子高校生と保護者の質問や相談に応じます。
    8月1日(水)、2日(木)
    10:00〜16:00
    受付
    弥生講堂アネックスへお越しください。
    展示 「サイエンス コミュニケーション演習・展示 」
    本演習において目標とした「農学は何か?」といった農学の概念から、個々の研究紹介まで、農学のエッセンスを発信する各コンテンツについて展示を行います。農学のエッセンスが詰った様々なコンテツにご期待ください。

    8月1日(水)、2日(木)農学生命科学図書館

    8月1日(水)、2日(木)
    9:45-17:00
    受付
    農学生命科学図書館 1階へお越しください。
    ※事前登録は不要です。
    見学・展示
    入口で見学マップを受け取り、館内を自由に見学できます。
    1 階で開催中の展示もぜひご覧ください。
    マスコットキャラクター「のうとくん」のブックカバープレゼントあり(限定100枚)。

     

    お問い合わせ

    ご質問、お問い合わせはお気軽にどうぞ。
    東京大学農学系教務課学生支援チーム TEL: 03-5841-2777、5593