昆虫は微生物を植物から植物へと媒介する(ファイトプラズマ感染シュンギクを吸汁するヨコバイ)

農業における生産と環境にかかわる、植物、昆虫、微生物など幅広い資源生物を対象として、持続的な利用、生産性と品質の向上、ならびに新たな生物資源の創成を目指して、分子から地球生態系にわたる生物学の原理とスキルを学ぶ。

写真:昆虫は微生物を植物から植物へと媒介する(ファイトプラズマ感染シュンギクを吸汁するヨコバイ)

専修の目的

農耕地や緑地における植物およびそれらと密接に関わる昆虫・微生物などの諸特性を分子から生態系にわたる広いレベルで学ぶことを通じて、持続可能な生物生産システムの構築ならびに新たな生物資源の創出に貢献できる人材を育成する。

専修の内容、詳細については、応用生物学専修のホームページをご覧ください。

↑このページのトップへ