さまざまな森林からなるランドスケープ

森林と環境、人間との関わりを探求することを通して、環境保全や災害防止に貢献し、ランドスケープの視点から新しい森林環境を創造し、森林資源と機能の持続的利用を図る。

写真:さまざまな森林からなるランドスケープ)

専修の目的

森林生態系管理に関わる社会経済的、工学的、生物学的知見を基盤として、森林の環境形成機能や森林環境の活用、森林資源の持続可能な利用およびそれらに関わる制度設計についての教育と研究を行う。

森林生態系がもたらす恵みを将来にわたって享受するための学術的・社会的要請に応える専門家として、研究者や、官公庁・企業等で幅広く活躍する人材を育成する。

専修の内容、詳細については、森林環境資源科学専修のホームページをご覧ください。

↑このページのトップへ