豊かな海中の世界

海に代表される水圏環境は多種多様の生物を育んでいる。水圏に棲息する様々な種類の生物とその生命現象を、生物学、化学ならびにバイオテクノロジーなどの観点から広く学ぶ。また、実験・実習を通して、食糧問題・環境問題など、人類が今後直面する水圏生物とその環境に関する諸問題を解決するために必要な知識の習得を図る。

写真:豊かな海中の世界)

専修の目的

多様な水圏生物の生命現象を深く理解し、その持続的利用と水圏生態系の保全に関する教育・研究を通じて、 人類が抱える食糧や環境等のグローバルな課題に対して積極的に貢献できる人材を養成する。

専修の内容、詳細については、水圏生物科学専修のホームページをご覧ください。

↑このページのトップへ