大学院修士課程入試の外国語(英語)について

 農学生命科学研究科では、修士課程入学試験の研究科共通の外国語試験としてTOEFL-ITP(レベル1)を採用しています。

 TOEFLには、ペーパーテストによるTOEFL-PBT、団体用のTOEFL-ITPの2種類があります。本研究科で採用しましたTOEFL-ITPは、受験生が一緒に同じ時間帯に受験するもので、Listening Comprehension: 50問、Structure and Written Expression: 40問、Reading Comprehension: 50問に分かれており、約2時間、140問のマークシート方式の試験です。

 なお、一部の専攻ではより専門性の高い英語能力をはかるために、専門科目の中に英語の問題を出題することがあります。