放射線育種場共同利用施設は、(国研)農業・食品産業技術総合研究機構次世代作物開発研究センター放射線育種場の野外照射施設ガンマーフィールド、および屋内照射施設ガンマールームを全国の国立大学に所属する研究者が共同利用するために、1965年に設立された共同利用研究施設。放射線を利用して植物を中心とした生物の突然変異の誘発や、放射線生物効果の研究を行っている。

  • 放射線育種場(国立研究開発法人 農業・食品産業技術総合研究機構次世代作物開発研究センター)

↑ このページのトップへ