アイソトープ農学教育研究施設は、本学部構内にあって、放射性同位元素関係の研究・教育を目的とし、学部内共同施設として設置されたものである。当施設は、農学生命科学研究科・農学部の実験系の殆どの研究室が利用しており、年間の使用者数は全学で最も多いアイソトープ施設の一つである。

2004年4月より新たに非密封放射性同位元素を扱うRI実験室が生命科学総合研究棟内にも整備され、農学部の研究を支えている。

↑ このページのトップへ