令和元年11月22日(金)午後1時から東京大学農学部弥生講堂において、令和元年度(第18回)日本農学進歩賞授賞式・受賞者講演会が開催されます。

農学進歩賞は、人類と多様な生態系が永続的に共生するための基盤である農林水産業およびその関連産業の発展に資するために、農学の進歩に顕著な貢献をした者を顕彰するもので、当該年度の10月1日時点で40歳未満の若手研究者が対象となります。

当研究科からは生物材料科学専攻の榎本有希子 准教授、生産・環境生物学専攻の山内卓樹 特任研究員(JSTさきがけ)の2名と、生物生産工学研究センターからは吉田彩子 研究員(JSPS)1名の、計3名が受賞されました。

 

詳細は公益財団法人農学会のWEBサイトをご覧ください。

日本農学進歩賞