今年度の東京大学大学院農学生命科学研究科の大学院入試については、修士課程、博士課程とも以下の方針で行う予定です。

・現時点(5月12日時点)では、試験期日及び選抜方法は募集要項のとおりです。

・状況により試験期日や選抜方法を変更する場合があります。変更の有無及び変更内容は6月15日に本研究科ホームページに掲載します。変更の場合、試験期日については原則的に募集要項記載の日程内で行う予定ですが、試験日が追加される可能性があります。試験の方式については、一例として筆記試験を行わず口述試験(オンライン、外国語や専門科目、一般教育科目(課している専攻のみ)の内容を含む)、書類選考による選抜に変更される可能性があります。オンラインによる口述試験を受験する場合は、インターネット接続が可能なカメラ付PCまたはタブレットが必要となります。

・出願は募集要項記載の期間に受付となります。ただし、昨今の状況を鑑み、同期間中にオンラインでの出願も受け付ける予定です(紙媒体の出願書類は後日郵送受付)。なお、選抜方法が変更される場合、検定料を変更する場合があります。これらについては6月15日に本研究科ホームページで通知しますのでご注意ください。

・選抜方法を変更する場合であっても、試験科目は変更しませんので、試験に備えた準備を進めてください。

・選抜方法に変更がある場合は、追加の提出書類(レポート等)を求める場合があります。それについても6月15日に発表します。

・修士課程の過去問については、東京大学文学部複写センターのホームページを参照してください。

 上記から変更が生じた場合、随時、公表していく予定です。

入試関係 https://www.a.u-tokyo.ac.jp/grad/