生態調和農学機構は、農場と緑地植物実験所を統合し、演習林田無試験地の教育研究機能を組み入れて、2010年4月1日に誕生した。耕地・緑地・林地からなる西東京フィールドを拠点とし、持続的な生態系サービスと調和する農林業と社会のありかたを解明することをめざして、農学教育研究を進めている。

生態調和農学機構では、教育研究を3つの領域で行う。情報・社会領域では、農林業と社会の関係性を、食品安全、環境保全等の観点から究明する。農林生態系領域では、国土と景観の保全に役立つ生態系管理・評価法を追究する。生物・物質循環領域では、農林業と環境をめぐる生物と物質の挙動を究明する。

こうした教育研究を通して、農林業や農村が今後の持続的社会への移行に果たす役割を明らかにしていく。

↑ このページのトップへ