真珠の層状構造、ビフィズス菌の酵素、麹菌の分生子形成器官+異性とのフェロモンコミュニケーションをとるマウス、ホウ素非欠乏と欠乏のイネの根の断面

化学と生物の関係の理解を基礎にして、人間社会と生態環境の両者を見据えた、他学部にはないライフサイエンスを展開しています。動物・植物・微生物、食品、天然物、生態と広範囲の分野を対象とし、地球環境レベルで考察できる学際的な研究力のある人材を育てます。

写真:
(上左から)真珠の層状構造、ビフィズス菌の酵素、麹菌の分生子形成器官
(下左から) 異性とのフェロモンコミュニケーションをとるマウス、ホウ素非欠乏と欠乏のイネの根の断面

専修の目的

生命に関連する現象の仕組みを分子から個体までの様々なレベルで化学と生物学に基づいて解析するバイオサイエンス研究と、それを人類社会のために応用するバイオテクノロジー研究を展開することで、生命現象の解明や発見から食糧や食品・環境問題などの解決に貢献できる人材を育成する。

専修の内容、詳細については、生命化学・工学専修のホームページをご覧ください。