大学院農学生命科学研究科長・農学部長 堤伸浩

農学部・大学院農学生命科学研究科では、農業、林業、水産業、畜産業、食品産業における生産・加工・流通、さらにそれらを取り巻く社会科学的側面を対象とする教育と研究がおこなわれています。また、都市や農村の景観あるいはイヌやネコのような伴侶動物など、私たちの生活の質の向上に欠かせない分野も対象としています。

近代農業は、多くの化学肥料や農薬を使うことにより収量を増加させる多投入・多収穫の農業を確立して安定した食料供給に貢献し、多くの人々を飢餓から救いました。これは、農学がこれまで果たしてきた大きな成果と言えます。ところが、この多投入の農業や無節操な農業開発が環境に与える影響が極めて大きいことが問題となり、地球環境に配慮した持続的な農業生産が求められるようになりました。現在の72億人の世界人口は、2050年には97億人に達すると予測されています。安全な食料の安定供給と地球環境の保全が人類にとって最大の課題であり、その解決に向けた技術的・社会的な対策を担う農学の役割は、ますます大きくなっています。

農学は、さまざまな種の生物の利用と自然環境の保全との調和を目指す学問領域です。農学には、生命科学、環境科学から、人文社会科学に至るさまざまな分野があり、それらが基礎と応用の両面で発展し有機的に結びついています。生物は計り知れない機能を有しており、私たちが利用しているものはそのほんの一部に過ぎません。生物が有するさまざまな機能を解明し、人間社会の将来に役立てることが期待されているのです。環境問題や食料問題の解決に役立つ新たな機能を備えた生物を見いだし活用することも農学の役割です。つまり、農学は生物機能の活用を通して持続可能な社会の構築に貢献する学問と言うことができます。

本研究科では、生命の理解とその応用に向けて、分子レベルから個体レベル、さらには群落、生態系、生物圏のレベルで研究が行われています。バクテリアや酵母などの微生物から高等動植物に至る多様な生物とそれらの生産物を対象として、実験室や国内外のフィールドで先端的な研究が展開されています。専門領域についての深い理解を目指すとともに、多様な学問分野から構成される農学を実感できる、分野横断型教育プログラムの充実を図っています。産学官民連携型の教育プログラムである「アグリコクーン」では、企業や行政と連携した現場での活動を通じた課題解決型教育を提供しています。また、「アグリバイオインフォマティクス教育研究プログラム」では、農学に関連したバイオインフォマティクスの実践的基礎教育と個別の研究指導を実施しています。

農学部は、確かな専門性とともに俯瞰的な視座の養成を目的に、農学を段階的・体系的に学ぶためのカリキュラムを提供しています。農学部では、それぞれの専門に関する講義や実習・実験だけではなく、食や環境、生物多様性、バイオマス利用など農学の対象を俯瞰する講義も用意されています。また、演習林や生態調和農学機構、牧場、水産実験所、動物医療センターなどの附属施設が充実しており、講義で学んだ知識を産業の現場での課題解決に結び付けるための教育を支えるとともに、研究の場としても活用しています。

社会の要請に柔軟に対応できる優れた人材の育成と総合科学としての農学の発展に向けて、農学生命科学研究科では教職員一丸となって努力してまいります。

大学院農学生命科学研究科長・農学部長
堤 伸浩(つつみ のぶひろ)