この度は第1回東京大学農学部オンライン公開セミナーにご参加いただきまして、誠にありがとうございました。
多くの方にご参加いただき、盛況のうちにオンライン公開セミナーを終えることができました。

※第58回公開セミナーとして開催を計画していたセミナーですが、COVID-19禍で通常の対面開催を中止し、
オンラインセミナーとして行います。

事前登録が必要になります。 申込者には、ZoomのURLが返信されます。ご確認下さい。
※お申し込みは1名様1回の入力として下さい。
※返信のメールは迷惑メールに入るケースがあります。

・日時: 2020年6月20日(土) 13:30~17:00(13時からZoomに入れます。)
・会場:Zoomによるオンライン開催
・テーマ:ポストコロナ・未来を耕す-多様化する農学の役割
・定員:約500名 
・資料:要旨集(PDF)
・質疑応答集(いずれの回答も講演者個人の見解に基づくものです):質疑応答集(PDF)

第1回農学部オンライン公開セミナー「ポストコロナ・未来を耕す:多様化する農学の役割」
(1) 「農学研究者から農林業者へ
~複雑な地域社会で生きる~」
農林業・国東半島宇佐地域世界農業遺産推進
協議会長 林 浩昭
(2) 「農学は知識製造の原動力
~異分野融合で地球を耕す~」
株式会社リバネス
代表取締役 グループCEO 丸 幸弘
(3) 「世界と繋がるライフサイエンス」 富士フイルム株式会社 R&D統括本部
バイオサイエンス&エンジニアリング研究所
研究マネージャー 遠藤 - 山神 摂
(4) 「持続可能な社会インフラを支える仕組み」 中央電力株式会社 取締役 高見 豊
(5) 「国際栄養問題とアフリカ農村地域での家計調査」 国立研究開発法人 国際農林水産業研究センター
研究戦略室 主任研究員 白鳥 佐紀子
(6) 「食料・農業・農村政策の新たな展開方向 農林水産省 大臣官房政策課
上席企画官 木村 崇之

※講演者は大学院農学生命科学研究科・農学部の出身です。

よくある質問はこちら

問い合わせ先:東京大学農学部総務課広報情報担当
koho.a@gs.mail.u-tokyo.ac.jp