大学院入学を希望の方へ - 農学生命科学研究科をめざすみなさんへ -

植物の写真

学生命科学研究科は、農学の基盤である生命科学、森林科学、水圏生物科学、動物科学をはじめ、農業経済学や生物材料科学などに関する世界水準の教育、研究を進め、人類が抱える食料や環境をめぐる多様な課題に取り組む専門性豊かな人材を養成することを目的としています。

農学生命科学研究科には現在12の専攻があり、各専攻では、専門的な教育、最先端の研究を行っています。教育については、専攻ごとに、さまざまな形態の講義、実習、実験、実地研究、調査などを行っています。

また、専攻横断的な教育・研究プログラムとして、アグリバイオインフォマティクス・プログラムアグリコクーン・システムが設置されています。農学生命科学研究科では、東京大学で初めての副専攻制が導入され、生物材料科学専攻の修士課程には社会人特別選抜の木造建築コースが設置されています。

大学院では、研究室に所属して修士・博士の学位論文に取り組むことになります。研究指導を希望する研究室の研究内容や方針、入学試験の応募要領などについてよく調べておいて下さい。各研究室および教員の研究内容については募集要項にある研究分野一覧を参照して下さい。ホームページ大学院ガイダンスなどを利用することもできます。

意欲ある皆さんの応募をお待ちしています。

アドミッション・ポリシー

  • 教育研究上の目的
    本研究科は、農学の基礎を形成する諸科学に関する世界水準の教育、研究を進め、人類が抱える食料や環境をめぐる多様な課題に取り組む専門性豊かな人材を養成することを目的とする。
  • 求める学生像
    • 農学生命科学が抱える食料や環境をめぐる多様な課題に取り組む専門分野の学修を目指す人
    • 世界に通用する第一級の専門知識の習得及び研究能力の向上に熱意をもって取り組む人

入学案内・募集要項

※入学を希望する方は、必ず正式な要項をお取り寄せください。

入学試験検定料払込について

入学試験検定料をコンビニエンスストア・クレジットカードで払い込むことができるようになりました。

大学院ガイダンス、入学相談担当者

入学にあたり専攻毎にガイダンスを行っているところがあります。詳細は下記をご覧ください。
(農学生命科学研究科としてのガイダンスは行っておりません。)

入学試験について

麻疹(はしか)発症中又は解熱後3日を経過しない方は本研究科の入学試験を受験できません。過去に予防接種を受けていない方や麻疹にかかったことがない方は予防接種を受けることをお勧めします。

お問い合わせ

その他の大学院入試に関するお問合せは、農学系教務課大学院学生担当(TEL.03-5841-5010)までお願いします。

  • 東京大学農学部 農学系教務課大学院学生担当
    〒113-8657 東京都文京区弥生1-1-1
    TEL.03-5841-5010