農学部公開セミナー

農学部では、年2回、6月と11月(または10月)の土曜日の午後、農学部公開セミナーを開催しています。農学部で行われている最先端の研究を一般の方にわかりやすく解説します。

ふだんの生活に密着した話題や産業への応用など、社会との関わりを重視する農学部ならではのテーマも取り上げます。

興味のある方は、ぜひお気軽に参加してみて下さい。入学先、進学先として農学部・農学生命科学研究科を考えている方も大歓迎です。参加料は無料です。

この度は第1回東京大学農学部オンライン公開セミナーにご参加いただきまして、誠にありがとうございました。
多くの方にご参加いただき、盛況のうちにオンライン公開セミナーを終えることができました。

※第58回公開セミナーとして開催を計画していたセミナーですが、COVID-19禍で通常の対面開催を中止し、オンラインセミナーとして行いました。

第1回農学部オンライン公開セミナー「ポストコロナ・未来を耕す:多様化する農学の役割」

農学部公開セミナー ポスター日時: 2020年6月20日(土) 13:30~17:00(13時からzoomに入れます。)
会場:Zoomによるオンライン開催
テーマ:ポストコロナ・未来を耕す-多様化する農学の役割
定員:約500名 ※定員を超えた場合、オンデマンド配信も予定しています。
資料:要旨集(PDF)
質疑応答集(いずれの回答も講演者個人の見解に基づくものです):質疑応答集(PDF)

第1回農学部オンライン公開セミナー「ポストコロナ・未来を耕す:多様化する農学の役割」
(1) 「農学研究者から農林業者へ
~複雑な地域社会で生きる~」
農林業・国東半島宇佐地域世界農業遺産推進
協議会長 林 浩昭
(2) 「農学は知識製造の原動力
~異分野融合で地球を耕す~」
株式会社リバネス
代表取締役 グループCEO 丸 幸弘
(3) 「世界と繋がるライフサイエンス」 富士フイルム株式会社 R&D統括本部
バイオサイエンス&エンジニアリング研究所
研究マネージャー 遠藤 - 山神 摂
(4) 「持続可能な社会インフラを支える仕組み」 中央電力株式会社 取締役 高見 豊
(5) 「国際栄養問題とアフリカ農村地域での家計調査」 国立研究開発法人 国際農林水産業研究センター
研究戦略室 研究員 白鳥 佐紀子
(6) 「食料・農業・農村政策の新たな展開方向 農林水産省 大臣官房政策課 上席企画官 木村 崇之

※講演者は大学院農学生命科学研究科・農学部の出身です。

よくある質問はこちら

問い合わせ先:東京大学農学部総務課広報情報担当
koho.a@gs.mail.u-tokyo.ac.jpよりお願い致します。

過去の農学部公開セミナー

  • 第1回農学部公開セミナーのようす
    当時の評議員の鈴木昭憲先生が中心となって企画されました。 今のような立派な会場ではなく、看板は手書きで、会場のスクリーンは白布を縫い合わせたものでした(写真は鈴木先生にご提供いただきました)。

    農学部公開セミナー第1回  農学部公開セミナー第1回